A5の12番は幻の牛肉!?最高ランクの肉とは【A5No.12】

牛肉の品質の良さを等級で表すことは、肉好きグルメの間ではよく知られていますよね。

中でも、A5の牛肉は一種のブランド扱いとして牛肉を提供する飲食店ではよく店のウリとして大々的にアピールしているのをみかけます。

本ページでは牛肉の等級や最高ランクと称される「A5の12番」について説明します。

牛肉は歩留等級と肉質等級で格付けされる

牛肉の格付けは枝肉のロース芯の面積やバラ肉の厚み、皮下脂肪の厚さは重量などから数値を出される歩留等級と脂肪交雑、肉の光沢や締まり、キメの細やかさから成る肉質等級の組み合わせによって決まります。

歩留等級はAからCまでの3等級、肉質等級は5から1までの指標が予め定められています。

 

松阪牛 カタログギフト券 GAタイプ
株式会社まるよし(松阪まるよし)
販売価格 ¥5,000(2017年11月22日14時9分時点の価格)

 

中でも、肉質等級は細分される4項目それぞれに5〜1の判定がつき、最終的な肉質等級は「一番低い等級に合わせられます。

たとえ肉の光沢や締まりが最高等級である5の評価がついても、脂肪の色沢が4等級であれば最終的な肉質等級は「4」になってしまう大変判定が厳しいものとなっています。

そして、歩留等級と肉質等級は「A5」や「A4」といった連記で表示され、その肉の品質が総合的に評価される仕組みになっています。

 

サシの入り具合で12番まで分けられる

実は、A5ランクの中にも細分化されているのは一部の人にしか知られていない情報です。

一般的な店舗でA5の和牛が提供されているのは8番前後が最大ではないでしょうか。

実はサシの入りが細かいほど更に等級が上がり、12番ともなるとキメの細かいサシが美しく入った牛肉になるといいます。

 

A5の12番は3万頭に1頭の確率

最高品質である12番の牛ともなるとグランドチャンピオン受賞級の牛になるため出現率も極端に少なく、一般市場にはまず出回らない貴重な牛肉です。

確率でいうと3万頭の中から1頭の割合で格付けされるか否かといった非常に厳しい世界から選ばれます。

 

みなさんもぜひ、お店でA5の12番を見かけることがあれば、またとない機会なので是非食べてみるのはいかがでしょうか?

 

【こちらの記事もオススメです】

松坂牛のギフト券は「かさばらないプレゼント」に最適


ブランド和牛を大切な人に贈りたい!



松阪牛や米沢牛といった日本の有名ブランド牛のギフト専門店「肉贈」では、送料無料+29日間の返金保障で高級肉をお届けできる人気のサービスです。大切な人への贈り物に、A5ランクの霜降り牛はいかがでしょうか?牛の銘柄や予算に合わせて最適なお肉をチョイスできる点が評価されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です