サーロインユッケとは?国内で食べれる焼き肉店まとめ

ユッケ

サーロインユッケという聞きなれない単語を皆さんはご存知でしょうか?

肉好きインスタグラマー界隈ではしばしば投稿されていて、名前からしてすごく美味しそう……

サーロインといえばステーキの部位としてよく知られている牛肉ですが、それを生のユッケとして提供しているお店が日本国内にあるみたいなんです。

本記事ではサーロインユッケについて徹底紹介したいと思います。

そもそもユッケ自体が幻のメニューになっている

ユッケといえば数年前に食中毒事件で国内を騒がせたメニューとして記憶に新しい方もいるのでは?

法律の改正により、ユッケ=生肉の提供にはかなり制限がかかり、今まで焼肉店で当たり前のように提供されていたユッケがメニューから消え去るようになりました。

現在でも一部の店舗では、法律の条件をクリアした牛肉のユッケを提供していますが、それでも殆どの焼肉店が取り扱いをしなくなり、幻のメニューと化しています。

しかしながら、生のユッケだからこそ味わえる肉の旨味を知っている人は少なくないはず。

そこに目をつけた少数の飲食店では、高級志向な肉好きグルメの人向けにサーロインを使ったユッケ、つまりサーロインユッケの提供を行うようになりました。

サーロインユッケの写真

まるで生ハムのような、美しい赤色のサーロインユッケはインスタ映えするのでインスタグラムでよく投稿されています。

生卵と一緒に食べることで生肉はまろやかに、とっても食べやすくなりますよ。

お店によってサーロインユッケの盛り付け等が異なっているのも面白いですね。

とにかくサーロインユッケの写真はみていて飽きません!

現在、日本でサーロインユッケを提供している店は

  • 原宿焼肉kintan(表参道・麻布十番)
  • 金次郎(山口県)
  • 輪心(名古屋)
  • 星遊山(汐留新橋)
  • まほろば別邸夢叶縁(大阪堀江)
  • 298nky(国分町)
  • 格之進82(六本木)
  • 和はなれ(東京立川)
  • 金舌(赤坂見附・白金台)
  • 焼肉ダイニング甲(京都)
  • 焼肉ジャンボ(東京)

上記の店舗をインスタグラムで発見しました。

まだまだ東京をメインに展開されているようですね。

早く全国的にブームが来てほしいです。

サーロインユッケの美味しい食べ方

kintanのように薄い生ハムのような切り方をしているサーロインユッケはフグ料理「てっさ」のように豪快に箸ですくって食べる方法がオススメです。贅沢なひと時を味わえますよ。

一般的なユッケのような盛り付けの場合は卵とよく混ぜて絡めてから食べるとまとまりがあって美味しいです。

生肉ユッケを全国からお取り寄せ

ほとんどの焼肉店から姿を消したユッケですが、インターネットを使えばまだまだ通販しているお店が多く存在します。

どうせなら安全に、自宅でゆっくりとユッケを楽しみたいですよね。

以下、ユッケを取り扱っているネットショップを紹介します。

いかがでしたか?

これから話題になるであろうサーロインユッケ、少し贅沢になりますがお店で見かけたらぜひ注文してみてくださいね!


ブランド和牛を大切な人に贈りたい!



松阪牛や米沢牛といった日本の有名ブランド牛のギフト専門店「肉贈」では、送料無料+29日間の返金保障で高級肉をお届けできる人気のサービスです。大切な人への贈り物に、A5ランクの霜降り牛はいかがでしょうか?牛の銘柄や予算に合わせて最適なお肉をチョイスできる点が評価されています。